リモワ買い取りの査定前に掃除すべき理由とお店への印象

リモワ買い取りの査定を受ける前に、汚れを落としておくのは有効です。

それはお店に対する印象に関わってくるからです。

価格にも影響がありますから、簡単に掃除をしておく方が良いでしょう。

 

リモワ買い取りは、総じて状態は重視される傾向があります。

やはり品物の状態が良い方が、総じて査定価格も高まりやすいのです。

傷が多い品物ですと、価格も低めにならざるを得ません。

 

汚れなどもその1つです。

汚れが多いと、リモワの見た目も悪くなってしまうでしょう。ですから査定を受ける前に、まずは掃除をしておいて、汚れを除去しておくやり方もあります。

ところで、実は汚れは価値にはあまり影響を及ぼしません。

上記とは矛盾するようですが、汚れで価格が激減する訳でもないのです。

 

そもそも個人が落とせる程度の汚れは、お店でも除去できます。

簡単な拭き掃除で落とせる汚れは、お店でも落とす事は可能です。

その程度の汚れなら、商品価値を大きく落とす訳でもありません。

では、なぜリモワ買い取りの査定を受ける前に掃除すべきかと言うと、お店に対する印象の問題があります。

そもそもお店側としては、来店客の印象も重視しているのです。

 

やはりお店の担当者も人間ですから、印象が悪い来店客ですと、価格は低くならざるを得ません。

しかし製品に対する清掃が行われていれば、話は異なるのです。

丁寧な清掃が行われていれば、お店に対する印象も良くなる傾向はあります。価格交渉も成功しやすくなりますし、やはり掃除しておく方が良いでしょう。

リモワレンタルのファスナーは強力です

リモワはドイツを代表するスーツケースです。

私もスーツケースといえば、リモワというくらい、おすすめの商品であると思います。

まず、リモワのスーツケースは軽くて、壊れにくいです。

軽さについては、おおよそ1キロから2キロ未満という軽さです。

例えば、スーツケースを空港で預け入れする際には重量が決まっており、その重量を超えてしまうと超過料金が発生します。

従いましてスーツケース自体が重いと、その分スーツケースにいられる物の重さを減らさなければなりません。

以前利用していたスーツケースは重さが3.5キロもあり、何度か旅行先から帰る際に超過料金を支払うケースがあり、大変もったいないことをしましたが、リモワへ変えてからは超過料金を支払うケースはまだありません。

そして、なかでもリモワの代名詞である、スーツケースを閉じる際に利用するファスナーはとても強力で、壊れません。

最初、リモワをレンタルする際に、ファスナーで閉じることに少し違和感がありました。

洋服や普通のカバンでも利用されているファスナーですが、なんとなく壊れやすいとか、ファスナーの開け閉めで引っかかるなど、良いイメージを持っていませんでした。

しかし、リモワのレンタルスーツケースのファスナーは壊れません。

これまで4年利用していますが、一度も壊れたことはありません。

さらに、スーツケースに入れる物のボリュームが増え、見た目閉まらない可能性があると見えても、ファスナータイプであれば、きちんと閉まります。

 

わたしがレンタルしたリモワのスーツケースのホームページはこちら

リモワ レンタル | スーツケースマニア
https://www.suitcase-mania.net

 

このようなリモワのスーツケースには特徴がありますが、私はこの特徴の虜になっています。

長年の旅の友、リモワのスーツケース

私の父はリモワのスーツケースを2つ持っています。

3、4日間の旅行にはコンパクトサイズのものを。

7日間以上の旅行にはお土産も衣類もたっぷり入る大型サイズのものを。使い分けて愛用しています。

 

父がリモワを購入したきっかけは、知り合いの方がリモワを愛用しており、ちょうどスーツケースを探していた父に勧めたからです。

ブランドに疎い父はネットで評判を検索して、「これなら長く使えそうだ」と判断して、まず小さめのものをひとつ購入しました。

 

使ってみてその軽さ、機動性の良さにビックリしたそうです。

以来10年以上、父はリモワのファンです。65歳を過ぎて旅行が半分趣味になったような父です。

行く先々でステッカーを貼っては自慢のリモワにペタリとしています。

大小どちらのスーツケースも、その銀色のボディーがだんだんとステッカーで埋め尽くされてきています。最初の頃に貼ったステッカーもだんだんと掠れ、ボディーそのものも擦ったような跡があちこちに見られますが、それでもさすがです、壊れたことがありません。

 

どれだけ重いものを詰めても、どれだけ石畳の路面を転がしても、無事に戻ってきます。

コマが取れたり、鍵が壊れたり、ケースそのものが破損したりして、私が何度かスーツケースを買い替えた間も、父はこの2つのリモワをずっと使ってきました。

 

やはり少々お値段が高いのでなかなか私には手が出せませんでしたが、さすがに今度買うときはリモワのスーツケースにしよう、と今は思っています。

世界中の人達から愛用され続けているリモワとは、こんなブランドです。

僕は会社の出張や旅行などで、国内外へと訊ねる際には、ドイツの一流スーツケースブランドであるリモワを、必ず持ち運んで行くようにしています。

リモワの中に様々な種類の着替えや日用品を、沢山詰め込んで、出掛けて行く訳ですが、問題なくキレイに収める事が出来る為、かなり重宝しております。

リモワとは1898年にポール・モルシェックさんの力により、ドイツのケルンの中で開業された、スーツケースを専門に製作している、伝統的なメーカーです。

リモワが設立された当初では、ヨーロッパの裕福層の方々に向けた、レザーによって加工された高級な旅行鞄を、中心に製造していました。

1930年に突入する事で、今度は息子のリチャードさんへと、業務を全部任せて行きます。

欧州全体が致命的な革不足に、すっかり陥っている最中、リチャードさんは、航空機に利用されていたアルミニウムへと、着眼して行きます。

アルミニウムに着目した事がきっかけとなり、1935年を迎えるにあたって、アルミニウムで作られた、素敵なトランクを誕生させました。

1937年に入ると、一般市場に事業を拡大して行きます。

その結果大成功を掴み、ヨーロッパだけでなく、世界各国により購入者が続出して行き、トップブランドの位置を瞬く間に築いて行きました。

1950年には、アルミニウム×マグネシウムを組み合わせて、もっと頑丈となったトパーズを生み出して行きます。

トパーズが定番商品になった事から、リモアのスーツケースブランドは、王座の地位をしっかりと手に入れました。

ドイツの高級スーツケースブランドである、リモワが秘めている魅力的な特徴

男性や女性を問わない大人気の製品として、ドイツの一流スーツケースメーカーである、リモワが挙げられます。

リモワのスーツケースを利用している方は、以前よりも大幅に増え続けております。

何故かと言うと、リモワの中に荷物を入れて持ち運ぶだけで、その人のコーディーネートを、より素敵にアレンジしてくれて、お洒落な雰囲気へと確実に仕上がるからです。

私も旅行する時でなく、街中でショッピングを楽しむ際でも、リモワのスーツケースを、必ず持ち出し行くようにしています。

.リモワの魅力的要素とは?

リモワのスーツケースには、自社のアイディアにより、開発されたリブ加工された、とても丈夫な耐久性を備えております。

リモワのスーツケースでは、表面エリアへと凹凸が付けられています。

この凹凸はリブ加工と言われるもので、何年経っても問題なく使用出来る、強度をアップさせて行く、優れた効果を秘めております。

1930年の時代に製作されていた、ドイツの最新型の飛行機であった、ユンカース52の外板設計技術から、ヒントを得て生み出されて行ったスーツケースです。

リモワのスーツケースとは、美しいルックスだけでなく、なんと高層ビルの15階から落下させても、内部に入れられているものがビクともしない、驚きの耐久性能を誇っています。

もし破損したとしても、きちんと修理すれば、半永久的にずっと使い続けて行く事が出来ます。

しかもリモワのスーツケースを使い込む事により、レトロな状態へと上手く変化して行くので、凄く良い味が出て来ます。

軽いスーツケース、リモワをレンタルして旅に出よう!

実はスーツケース自体の重さが結構あるので中身をぎっしり詰めてしまうとすぐ超過してしまうという罠が!

そんなお悩みを解決するスーツケース、それがリモワです。

リモワはドイツのケルンに本社がある、有名メーカーのスーツケースです。

薄いジェラルミンを使った丈夫で軽いシルバーハードスーツケースで有名です。

ジェラルミン製のスーツケースは、8万ぐらいからとちょっとお高めですが、最近はレンタルで借りることも出来ます。

そして高級感たっぷりなので、空港でもかなり目立ちます。

2輪と4輪がありますが、移動のしやすさから4輪がおススメです。

日本で買うとアウトレットでもかなりお高いのですが、本場ドイツへ行けばカールシュタッドなどのデパートやカバン専門店のセール時に4万5千円ぐらいからゲットできちゃいますが、それでもやはり高いと思われる方はリモワをレンタルするのが一番です。

ジェラルミンはちょっとお高いなという方には、サルサシリーズをお勧めします。

サルサシリーズは、ポリカーボネート製でジェラルミン製よりもさらに軽く、お年寄りでも取り回しがラクチンです。

35Lの機内持ち込みサイズでわずか3.0kg。これは本当に軽い。

サルサシリーズは色も青、赤、黒、ゴールドなどカラフルで好きな色を選べるところもグッドです。

そしてサルサシリーズの最大の利点は、少し荷物が多くなり過ぎた時も大丈夫なところ。

ポリカーネート製だから、荷物を入れ過ぎてもギューッと閉めれば入っちゃいます。

固いプラスチックのスーツケースには出来ない技です。

サルサシリーズは、ジェラルミン製よりも多くのお店で売っているので最安値を調べて購入がベスト。

意外な穴場は某米国の会員制スーパーです。

時々とてもオトクなお値段で入荷されてますよ。

重いスーツケースを引きずって疲れる旅は疲れます。

リモワのスーツケースは旅のパートナーに絶対オススメです。

リモワのレンタルでおすすめのショップがスーツケースマニアというオンラインショップです。

サルサ系がメインですが、調べた限りではここがリモワのレンタルで最安でした。